ワクチンパスポート 名古屋市 申請方法を分かりやすく画像付き解説!

今のご時世、海外旅行をする為に必須なワクチンパスポート」を知ってますか?

 

今回は名古屋市の「ワクチンパスポート発行の申請方法」の手続きを行いましたので

画像付きで詳しく解説してゆきたいと思います!!

 

 

KENZWEE

みなさん、こんちわ!

アーストラベラーのKENZWEE(earth_traveler_kenzwee)です!

正直何がいるか分からん!!

 

 

ワクチンパスポートとは?

?

まずワクチンパスポートとは何か?から説明します。

 

新型コロナウイルスのワクチンを接種済みの方が、

海外渡航の際に入国時・現地の飲食店や施設の利用・日本へ入国後や帰国後など

新型コロナワクチン接種の事実を公的に証明する証明書です。

※2021年11月現在

 

つまり。。。

海外旅行時には必須になる証明書」ということです!

 

申請に必要な書類

check

申請に必要な書類は全部で7つ(場合によっては9つ)あります。

 

必要な書類

1:申請書

2:パスポートの写し

3:クーポン券の写し

4:接種済証または接種記録書の写し

5:返信用封筒(切手必須)

6:返送先住所が確認できる本人確認書類の写し

7:送信用封筒(切手必須)

※2021年11月現在

 

場合によっては必要な書類

8:旅券に旧姓・別姓・別名の記載がある場合、確認ができる本人確認書類の写し

(旧姓併記のされたマイナンバーカード、運転免許証、戸籍、住民票の写し等)

9:代理人による請求の場合は、本人の自署による委任状

※2021年11月現在

 

1つでも不足していると、承認されませんので

漏れなく揃えましょう!

 

申請書

申請書は全ての人が必要となります。

名古屋市のホームページからダウンロード出来ます。

 

PDF形式Word形式があるので、選択して

必要事項の記入・印刷を行いましょう。

 

パスポートの写し

パスポートの写しは全ての人が必要となります。

渡航日時点で有効なもので、顔写真が写っているページを印刷しましょう。

 

文字が欠けていたり、見えなかったりすると却下されるので気をつけましょう。

 

クーポン券の写し

クーポン券の写しは全ての人が必要となります。

必ず接種券番号部分を写して、印刷しましょう。

 

クーポン券の見方はコチラ!

 

 

紛失等によりクーポン券がない場合もしくは接種券番号部分のシールが剥がれている場合は、

マイナンバーが確認できる書類(個人番号カード両面、通知カード、マイナンバーが記載された住民票の写し等)を

提出してください。

いずれもない場合は、接種時点において住民登録がされている住所が記載された書類の写し

(前住所が記載された住民票の写し等)を提出してください。

出典:名古屋市新型コロナウイルスワクチン接種証明書の申請手続き より引用

 

接種済証または接種記録書の写し

接種済証または接種記録書の写しは全ての人が必要となります。

接種済証の写しはクーポン券の写しの中に含まれていれば必要ありません。

 

接種済証または接種記録書の見方はコチラ!

 

返信用封筒(切手必須)

返信用封筒は全ての人が必要となります。

切手貼付のうえ、返送先住所・氏名を記載してください。

 

ワクチンパスポートのみが返送されるので84円切手で大丈夫です。

※封筒のサイズや重さによって切手料金は異なります。コチラからご確認ください。

 

切手が不足している場合は返送が出来ません。

速達を希望する場合は、速達分の切手を貼り、封筒に赤字で速達と記入してください。

 

返送先住所が確認できる本人確認書類の写し

返送先住所が確認できる本人確認書類の写しは全ての人が必要となります。

 

マイナンバーカード、運転免許証、各種健康保険被保険者証等の写しなどを同封しましょう。

 

 

本人確認書類として健康保険証の写しを同封する場合は、記号・番号および保険者番号を黒く塗りつぶしてください。

出典:名古屋市新型コロナウイルスワクチン接種証明書の申請手続き より引用

 

送信用封筒(切手必須)

送信用封筒は全ての人が必要となります。

申請に必要な書類を全て封入して、下記住所に送りましょう。

 

申請書の送付先はコチラ!

〒460-8508

名古屋市中区三の丸三丁目1番1号

名古屋市役所健康福祉局新型コロナウイルス感染症対策室ワクチン接種証明書担当

※2021年11月現在

 

本人確認書類の写し(旅券に旧姓・別姓・別名の記載がある場合)

パスポートに旧姓・別姓・別名がある場合、確認が出来る本人確認書類の写しが必要です。

こちらは該当する人だけ必要です。

 

 

本人の自署による委任状(代理人による請求の場合)

代理人にワクチンパスポートを申請してもらう場合は

本人の自署による委任状が必要です。こちらも該当する人だけ必要です。

 

名古屋市のホームページからダウンロード出来ます。

 

PDF形式Word形式があるので、選択して

必要事項の記入・印刷を行いましょう。

 

 

実際に申請してみた!申請の流れ

1:必要書類の準備

まず必要な書類を7つ用意しました。

 

必要な書類

1:申請書

→PDFファイルを印刷して記入

 

2:パスポートの写し

→手持ちのパスポートをコピー印刷

 

3:クーポン券の写し

4:接種済証または接種記録書の写し

→クーポン券と接種済証をまとめてコピー印刷

 

5:返信用封筒(切手必須)

→94円切手を貼り、宛先を記入

 

6:返送先住所が確認できる本人確認書類の写し

→マイナンバーカードをコピー印刷

 

7:送信用封筒(切手必須)

→こちらも念の為に94円切手を貼り、他の書類を封入

 

2:発送

実際に2回目のワクチン接種が済んだ「2021年10月13日夜」に

近所の郵便ポストに投函しました。

 

3:受け取り

返信用封筒に入った書類が「2021年10月19日」に届きました。

審査には最短でも3日間ほど掛かるとのことでしたので

結構早く届いた様に感じました。

 

実際に届いたワクチンパスポート

返信用封筒

nagoyavaccinationpassport1

まず返信用封筒には、申請書の送付した住所が追加されてました。

 

ワクチンパスポート

nagoyavaccinationpassport2

個人情報部分は隠しております。

1つ1つ見て行きましょう!

 

自分の基本情報

nagoyavaccinationpassport3

 

まずは下記の情報が記載されてます。

全てパスポートの情報と一致しているか確認しましょう。

 

・姓名

・生年月日

・国籍

・旅券番号(パスポート番号)

ワクチン接種情報

nagoyavaccinationpassport4

次は下記の情報が記載されてます。

クーポン券接種済証または接種記録書情報と一致しているか確認しましょう。

 

・ワクチン種類

・メーカー

・製品名

・製造番号

・接種年月日

・接種国

※それぞれ1回目、2回目が記載

発行元情報

nagoyavaccinationpassport5

発行者や発行日などの詳細が示されてます。

 

まとめ

今回は名古屋市のワクチンパスポート申請について解説しました。

 

この記事を書いている「2021年11月13日現在」、フランスへ渡航しておりますが

様々な場面で衛生パス(フランス)の代わりとして使えてます。

 

もちろん衛生パスが申請出来れば、尚安心なのでそちらも申請しましょう!

 

KENZWEE
今はパリに滞在してます。